紀州徳川家所用獅子鈕子母印

 紀州徳川家所用獅子鈕子母印は紀州徳川家の旧蔵資料で、昭和50年(1975)に和歌山市に寄贈されました。
 親獅子、子獅子、六面体の3つの印からなり、親獅子印には子獅子印を収納でき、子獅子印の基底部には六面体の入る空隙(すきま)があり、すべてが親獅子印のなかに収納できる構造となっています。材質はいずれも真鍮で、表面に金メッキを施しています。
 親獅子印には、「南海之鎮(なんかいのしずめ)」、 子獅子印には「寿山清玩(じゅざんせいがん)」、六面体には、「政余(せいよ)」、「敬臼所」、「賜紫金魚袋(ししきんぎょたい)」、「明義館(めいぎかん)」、「銀青光禄大夫(ぎんせいこうろくだゆう)」、「楽只(がっきょう)」の印面が施されています。
 紀州徳川家の当主は、それぞれ様々な素材で多数の印を製作しており、そのなかでも本作品は親獅子、子獅子、六面体が入れ子状になっているだけでなく、材質の特性をよく生かした造形的にも非常に優れた印であったため、今日まで大切に伝えられてきたものと考えられます。また、親獅子印の「南海之鎮」は、西国支配の要としての紀州藩の立場を表現した文言といえ、類似の表現も含めて、紀州藩で代々意識されたものと考えられます。なお、親獅子の印面と十一代藩主斉順(なりゆき)の一行書「忠信」(和歌山市立博物館蔵)の「南海之鎮」の落款(らっかん)印とが合致することが確認されています。

 

和歌山城内出土地鎮具 西之丸聴松閣出土地鎮具 天守台出土地鎮具

聴松閣(ちょうしょうかく)出土地鎮具(じちんぐ)は昭和48年(1973)2月に紅葉渓(もみじだに)庭園の復元整備工事中に聴松閣跡の地下30cmから輪宝(りんぽう)の上に賢瓶(けんびょう)を載せた状態で出土したものです。賢瓶納入品(のうにゅうひん)のうちの寛永通宝は背に「文」の文字が入る寛文8年(1668)~天和3年(1684)の鋳造であることから、聴松閣出土地鎮具の埋納時期は17世紀後半に限定できるものと考えられます。なお、聴松閣出土輪宝に近いものとしては長福寺(ちょうふくじ)(奈良県生駒市)から出土した八鈷輪宝(はっこりんぽう)が挙げらます。
天守台出土の地鎮具は弘化3年(1846)に落雷により焼失し、嘉永3年(1850)に再建された天守閣(弘化4年(1847)着工)に伴うものです。正式な発掘調査による出土ではく、掘削工事中の不時発見であったが、発見当時の土木関係者による状況説明の伝聞が残っており、これらの地鎮具が大天守の4本の大極柱より内側からの出土であることはほぼ確実であるとされています。このことからも、長保寺文書(ちょうほうじもんじょ)(徳義社資料)にある再建天守閣の地鎮祭(じちんさい)で使用されたものであると考えられます。出土した地鎮具に過不足が無いことからも、再建天守閣で行われた地鎮祭は初代の天守閣で行われた地鎮の修法(しゅほう)を厳密に踏襲したものであり、真言宗の正式な儀軌(ぎき)に則って行われたと考えられます。
以上のように、和歌山城西之丸聴松閣出土地鎮具および天守台出土地鎮具は埋納された時期がほぼわかるだけでなく、徳川御三家の一つ紀州徳川家の本城であることから、真言宗の地鎮の修法に正式に則っておこなわれたことがよくわかる大変重要な資料です。

那智三瀑図 野呂介石筆

〔種別〕絵画

 本図(縦125.0cm、横48.6cm)は江戸時代後期の紀州を代表する文人画家野呂介石が描いた晩秋の那智の滝図です。周辺の堂社等は一切描かず、那智の一の滝を画面のほぼ中央に据え、一の滝の上流に位置する二の滝、三の滝を俯瞰して一画面に描いています。全体を色彩の面と点で表現する彩色法は画面全体にさわやかで明るい印象を与えており、特に地理的説明を加えず、紅葉のグラデーションと滝の美しさのみを見事にとらえた表現に介石らしい画風が伺えます。

刀 銘於南紀重国造之

〔種別〕工芸

 本品(身長70.3cm 反り1.7cm)はやや寸の詰まった小鋒の鎬造で、浅くのたれた中直刃を焼き、鎬地には棒樋を掻いてハバキ元で角止めとしています。茎尻は角度の浅い切風の栗尻で、目釘孔を二つもうけ、指表に角ばった鑿運びで「於南紀重国造之」と銘を切っています。南紀重国は元大和手掻派から出た刀工で、徳川家康に召抱えられ駿府で刀を作っていましたが、徳川頼宣の紀州入りに従い和歌山に移り、紀州藩お抱えの刀工として活躍しました。

〔写真〕刀身

岡山の根上り松群

 岡山は、古来より吹上の浜の汀線に平行して発達した砂丘です。江戸時代、和歌山城の城下町建設のときに、三年坂の切り通しや、堀止の埋め立て、外堀の掘削などにより著しく改変され、また明治以降の変革もあり、いまではほとんど砂丘の旧態をとどめません。
 吹上一丁目の和歌山大学教育学部附属小中学校内には、比較的よく砂丘の原形が残され、それとともに旧海岸林も一部が現存しています。根上がり松群はほとんどが枯死してしまいましたが、グランドの北にあるものは、根からの高さ3.5m、幹周り3mで、いまなお威容を残しています。

岡山の時鐘堂

〔種別〕史跡

 紀州藩五代藩主徳川吉宗の時代の正徳2年(1712)に建立されました。当時は、市内本町に浅野幸長の時に作られた時鐘屋敷があり、南北で呼応して一刻ごとに時を報知したといわれますが、現在は、この時鐘堂しか残されていません。
 この鐘は、藩士の登城と町民に刻限を知らすほか、出火、出水、異国船の出没など、非常時をいち早く知らせる重要な役目をもっていました。石段を登ると西向きに出入口があり、一階は土間で、四隅に二階までの通し柱があり、二階の大梁の中心から梵鐘が釣り降ろされ、撞木によって東西二ケ所から鐘を鳴らすようになっています。屋根は寄棟造の本瓦葺です。
 梵鐘は、元は大坂夏の陣で豊臣方が使用し、その後紀州藩が管理していた大筒を二代藩主光貞が、紀州粉河の鋳物師に命じて改鋳させたものとされます。

絹本著色狩場明神像

〔種別〕絵画

 高野山の各種の弘法大師伝によれば弘仁7年(816)、空海は真言密教の霊地に相応しい土地を求めて大和から紀伊にいたる山々を踏査していたところ、宇智郡の山中で黒白二頭の猟犬を従えた狩人(狩場明神)に会い、高野山麓の天野の地に至り、そこで丹生明神を紹介されその導きで、高野の霊地を得たとされています。この両明神は高野山の地主神であり、狩場明神も本来は狩猟を生業とする古代史族が祀っていた神であったと考えられます。
 本図(縦93.2cm、横41.4cm)の狩場明神は筋骨たくましい赤色身に茶色の無地の狩衣を着、白犬を連れた姿で表されています。なお、本図が伝えられた丹生家は歴代丹生津比売神社(高野山天野社)に神職として仕えていました。

丹生廣良氏所蔵天野文書

〔種別〕書跡

 丹生家は丹生都比売神社の旧社家で、歴代同神社の神職家です。当家には200余点に及ぶ古文書が伝来しており、そのうち経済史、文化史上の貴重な資料である中世文書46点を10巻に表現したものが本品です。内容は平安時代から江戸時代に及ぶ多彩なもので、大半が丹生都比売神社にゆかりのあるものです。特に第一巻の丹生祝氏本系帳は丹生氏の家系と大神への奉仕の由来を述べた貴重なものです。

和歌御祭礼図屏風

〔種別〕絵画

 本図は徳川家康の命日(4月17日)に行われる紀州東照宮の春祭和歌祭を描いた六曲一双の祭礼図屏風(169.5cm×373.5cm)です。本図の構図も多くの和歌祭図とおなじく、左隻上部に天満宮、右隻上部に東照宮を配し、片男波の砂嘴と入江を中央部から下部へ描き、東照宮から出発して右隻下部の御旅所に至る渡御行列と巡行路の風物を描いています。左隻三扇には天下一出羽のまねき看板をつけた人形浄瑠璃の一行がみられることから、徳川家康の50年忌である寛文5年(1665)の祭礼を描いたものと考えられます。
 頼宣により規模縮小を命じられる寛文6年(1666)以前の盛大な和歌祭を周辺の景観まで詳細に描いていることから、近世初期の風俗画としても貴重な資料の一つといえます。

〔写真〕右隻、左隻

報恩寺の梵鐘

〔種別〕工芸

 報恩寺は二代藩主徳川光貞が、養母である瑶林院(徳川頼宣正室・加藤清正娘)の追福のため菩提所であった要行寺を改めて、造営した寺院です。
 本寺の梵鐘(総高159.0cm(龍頭29.0cm・鐘身130.0cm)、口径91.0cm)は江戸時代初期の典型的な作風を示しており、乳の間に各区5段5列25個、縦帯上部に各2個の合計108個の乳をそなえ、池の間の第一区および第二区には梵鐘鋳造の由来を記した銘文が刻まれています。また、八弁蓮華文の撞座が龍頭にそって2個あり、草の間には牡丹唐草と獅子が施文されています。
 池の間に刻まれた銘文により、本梵鐘は光貞の娘台嶺院(関白一条冬経正室)の菩提を弔うために報恩寺の開山である日順上人が施主となって鋳造されたものであることがわかっています。

〔写真〕梵鐘、梵鐘各部名称