和歌山市の文化財・遺跡

深山要塞跡(第2砲台跡)

詳細情報

深山要塞 第2砲台跡
    読み仮名 みやまようさいあと(だいにほうだいあと)
    種類 その他
    時代 明治
    地区 松江・木本・西脇・加太地区
    所在地 深山

     明治政府は国内の防御を進めるなかで、紀淡海峡の重要性を高く評価し、淡路島の鳴門・由良地区、和歌山市側の友ヶ島・加太地区に強力な洋式砲台を設置することとしました。
     深山砲台は、加太南部の田倉崎砲台とともに本土側に設置された砲台跡です。明治26年(1893)竣工の第2砲台は、終戦後に爆破され、施設のほとんどは消滅しています。敷地の一角に、現在は休暇村施設が建てられ、弾薬庫や砲具庫として使用されたとみられる地下式掩蔽部が1基残されています。

    地図