和歌山市の文化財・遺跡

和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)

詳細情報

和歌山城 西之丸庭園 内堀と鳶魚閣
  • 和歌山城 西之丸庭園 内堀と御橋廊下
  • 和歌山城 西之丸庭園 鎮壇具
読み仮名 わかやまじょう にしのまるていえん(もみじだにていえん)
指定 国指定文化財 史跡・名勝
指定日 昭和60年(1985)11月27日
時代 江戸時代
地区 本町・城北・雄湊・中之島地区
所在地/所有者等 一番丁/和歌山城

〔種別〕名勝

 和歌山城西之丸庭園は、山上に天守閣の建つ虎伏山の北西部山麓にあり、東に内堀、南に鶴ヶ渓がつながる急傾斜を利用して作られた江戸時代初期の回遊式庭園です。池辺の豪壮な石組や滝口の雄建な滝口などに特徴があり、作庭時期は明らかではありませんが、中島に設けられた鳶魚閣の再建に伴う発掘調査の際に、和歌山城全体の地鎮にともなうとみられる江戸時代初期の地鎮具一式が出土していることから、紀州徳川家初代藩主の徳川頼宣の入府にともない今日の姿に近い状態に整備されたものと考えられています。

〔写真〕内堀と鳶魚閣、内堀と御橋廊下、鎮壇具

和歌山城の詳細ページはこちら

地図