和歌山市の文化財・遺跡

園部円山古墳

詳細情報

園部円山古墳 玄室部
  • 園部円山古墳 羨道部
  • 園部円山古墳 圭頭太刀柄頭
  • 園部円山古墳 馬具(杏葉)
読み仮名 そのべまるやまこふん
指定 市指定文化財 史跡・名勝
指定日 昭和60年(1985)4月9日
時代 古墳時代
地区 有功・直川・川永・山口・紀伊地区
所在地/所有者等 園部/地蔵寺

〔種別〕史跡

 園部円山古墳は、鳴滝川の東岸、和泉山脈から南へ派生する尾根の先端に位置する全長9.55mの両袖式横穴式石室を持つ復元径25mの円墳で、6世紀中頃に築かれたとみられます。紀ノ川下流域の古墳の多くが扁平な緑色片岩を用いた石室であるのに対して、園部円山古墳の石室は砂岩の巨石を用いていることに大きな特長があります。またその一方で、玄門部にやや幅の狭い空間を作り出していることや玄門部の上部に緑色片岩の板材を梁のように架けることなど、石室の構造は岩橋千塚古墳群の横穴式石室を意識していることが伺えます。
 中世に石室が再利用されたため、石室内から出土した副葬品の残りは悪いですが、金銅装の圭頭太刀や刀装具、馬具、耳環等が出土しており、本来は豪華な副葬品を伴っていたと考えられます。

〔写真〕玄室部、羨道部、圭頭太刀柄頭、馬具(杏葉)

地図