若宮八幡神社のボダイジュ

 有本の若宮八幡神社にある菩提樹は、幹周り2.5m、高さ約10mで菩提樹としては全国屈指の大樹です。本幹は、地上すぐの部位から5本の支幹にわかれています。菩提樹は、シナノキ科中国原産の落葉高木で、高野山や比叡山などの寺院の境内などに植えられています。若宮八幡神社の境内には、かつて明王寺という別当寺があり、菩提樹は神仏習合時代の遺物ともいえるものです。

一の橋の樟樹

 和歌山城の一の橋をわたり大手門から城内に入ると、すぐ右側の石垣の上に立つクスノキの大樹が目に入ります。幹周り7m、樹高25mで、太い枝を四方にのばして直径35mにもおよぶ巨大な樹冠を形成しており、城内最大の巨木です。
 昭和20年(1945)の和歌山大空襲で、和歌山城の天守閣が消失した時に、このクスノキもはなはだしい損傷を受け、あるいは枯死するのではないかと心配されましたが、その後、見事に回復しました。

鷺ノ森遺跡

 和歌山市の中央部に位置する浄土真宗西本願寺派である鷺森別院の周囲に所在する鷺ノ森遺跡は、現地表面から約60cm下の江戸時代末期の生活面から約2.5m下の古墳時代の生活面まで6~7面の生活面が存在します。これまでの調査では、古墳時代の溝、飛鳥時代の竪穴建物や掘立柱建物、鎌倉時代の井戸、戦国時代の堀、江戸時代の建物礎石や井戸、鍛冶関連遺構など各時代の生活跡が発見され、これらに伴う膨大な量の遺物が出土しています。戦国時代の堀は約17m、深さ3mに及ぶ大規模なもので、当時の本願寺の方向と合致します。

〔写真〕戦国時代の堀、石建物跡

和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)

〔種別〕名勝

 和歌山城西之丸庭園は、山上に天守閣の建つ虎伏山の北西部山麓にあり、東に内堀、南に鶴ヶ渓がつながる急傾斜を利用して作られた江戸時代初期の回遊式庭園です。池辺の豪壮な石組や滝口の雄建な滝口などに特徴があり、作庭時期は明らかではありませんが、中島に設けられた鳶魚閣の再建に伴う発掘調査の際に、和歌山城全体の地鎮にともなうとみられる江戸時代初期の地鎮具一式が出土していることから、紀州徳川家初代藩主の徳川頼宣の入府にともない今日の姿に近い状態に整備されたものと考えられています。

〔写真〕内堀と鳶魚閣、内堀と御橋廊下、鎮壇具

和歌山城の詳細ページはこちら

和歌山城 岡口門

 岡口門は史跡和歌山城内の南東部に位置します。築城期から浅野氏が大手を一の橋に変えるまでは大手門でした。現在の門は、元和7年(1621)に城を拡張した際に、整備したと考えられています。櫓門の形式で、延長40mの土塀(附指定)が北側に続き、12か所の銃眼を設けています。

和歌山城の詳細ページはこちら

和歌山城跡

 和歌山城跡は、和歌山市和歌山城周辺に所在する近世の武家屋敷である三の丸を中心とした遺跡です。
 和歌山城の南東部を調査した折には、江戸時代末期の『和歌山城下町図』に描かれた百軒長屋の敷地東辺を区画する溝を、紀州徳川家家老水野家の屋敷地跡の調査では、礎石立建物や基礎石組、石組溝等の屋敷地に関係する遺構群を検出しています。
 和歌山地方・家庭・簡易裁判所の新庁舎建設にあたり実施された発掘調査では、屋敷地境界施設や井戸・石組枡・暗渠などの水周り施設が確認されています。また、その下層では古墳時代や鎌倉時代の遺物のほか、室町時代の土坑墓や粘土採掘穴とみられる遺構がみつかっており、和歌山城築城以前にも人間の活動痕跡が認められます。

〔写真〕水野家家紋軒瓦、水野家屋敷地、水野家屋敷地出土遺物

加納諸平の墓

〔種別〕史跡

 幕末の国学者、歌人である加納諸平は、遠州白須賀の人で、国学者であり歌人でもあった夏目甕磨の長子として文化3年(1806)9月に生まれました。文政4年(1821)、父に伴われ近畿を歴遊し、和歌山城下に本居大平を訪ねた際に、大平の推挙により紀州藩奥医師加納伊竹の養嗣子となりました。天保4年(1833)に紀州藩国学所総裁を勤め、『紀伊続風土記』『紀伊名所図会』の編者でもありました。墓碑は加納家の墓所の中にあり、墓石は花崗岩製であり、正面に「加納諸平墓」、裏面に「安政四年丁巳六月二十四日」と刻銘された自然石の主石が台石の上に置かれています。

太田・黒田遺跡出土銅鐸

〔種別〕考古資料

 太田・黒田遺跡は和歌山県内屈指の弥生時代の遺跡です。この銅鐸は、昭和45年(1970)に遺跡東側の河川の改修工事に際して出土しました。高さ約30cmの弥生時代中期の外縁付鈕1式の4区袈裟襷文銅鐸で、結晶片岩製の舌が鐸身内側で発見されています。
 この銅鐸は、島根県加茂岩倉遺跡出土銅鐸のうちの4口と同笵であることが確認されています。弥生時代の拠点集落遺跡から出土しており、弥生時代における青銅器の流通状況を知るうえでも貴重なものです。

赤坂御庭図画帖

〔種別〕絵画

 本画帖(28.0cm×41.5cm)は紀州徳川家の江戸中屋敷である赤坂邸(現赤坂御用地)の庭園「西園」の四季折々の風景を描いた画帖です。全部で15図が収められており、外箱には「記録部類 赤坂御庭図 一六四号 南紀徳川家」というラベルがあり、紀州徳川家に伝来した作品であることがわかります。
 本画帖には「西園」の60を超える名所のうち14か所15図画が坂昇春により描かれています。また、各画面の上部には短冊形の料紙に「洗心亭残月」「長生村仲夏」「冝春観開花」というふうに建物等の雅号と季節が記されています。
 このように本画帖は赤坂邸「西園」をビジュアル的に知ることのできる数少ない貴重な資料の一つといえます。

〔写真〕洗心亭残月、青崖埒打球之図、鳳鳴閣春草、向陽亭 初春二

冬景山水図

〔種別〕絵画

 本図(40.7cm×52.4cm)は画面右の岩山から滝が流れ、湖面へと注ぎ、広々とした湖に2人の高士が佇む姿が配されています。画面左上には祇園南海自筆の五言二句の詩が添えられ、画と詩の一体化が図られています。
 紀州藩の儒官で文人画家である作者の祇園南海(1676~1751)は中国から舶載された画譜を通して、中国の文人画の画風や知識を習得し、柳沢淇園や池大雅等の後進を多く育てたことから、「日本の文人画の祖」と呼ばれています。